こうもり博物館


こうもり博物館

 こうもりってどんな生き物?
黒い?恐い?気持ち悪い?洞窟の中に住んでる?血を吸う?・・・

誰もが知っているようで、誰もがホントのことをよくしらない。そんなコウモリたちの真実にせまることができる場所が、やっとできました。名付けて「こうもり博物館」。オープンです。

 東洋蝙蝠研究所は、これまで出前講座的な移動博物館を開催してきましたが、本部研究所の一室を博物館スペースとして一般の方にコウモリのことを普段から学んでいただくことができるような常設の展示が可能になりました。
 多くの日本産コウモリの標本や生態写真など、科学的なコウモリの資料から、"コウモリグッズ"と言われるコウモリをデザインにした各国でのコウモリの印象や風俗を表す文化的な資料まで、コウモリに関するものならどんどん収蔵品を増やしていく予定です。





場所
付近詳細図は上の地図をクリックすると現れます

開館時間
月・火・木・金の午前10時から午後4時
上記の曜日でも祝日は休館となります。
夜間開館、休館日の特別開館をおこなうときには、新着情報ページでアナウンスいたします。

入館料
大人、子供とも200円

住所:奈良県奈良市広岡町213-3
問い合わせ電話番号:0742-95-0023

※注:生きたコウモリの展示は通常しておりません。

バットミュージアムのこうもり観察会

 こうもり博物館では、「なかなか身近でコウモリの観察というものはしたことがない」、という方や、「街のコウモリは分かったけれど、自然の中のコウモリのことも知りたい」という方に、実際に飛んでいるコウモリの姿などを見てもっと学んで頂きたいことから、色々な企画を考えています。

 博物館近隣での観察会はもとより、遠隔地での観察会も企画するほか、各地の自然環境学習の団体等への講師派遣もおこないます。詳細はお問い合わせください。

観察会のページへ
トップページへ